長引く咳

子どもの咳

子どもの咳子どもは大人に比べて、身体が小さく気道も非常に細いため、ちょっとした異物や炎症に対して気道が閉塞しないように咳で反応します。風邪を引いた時だけではなく、治った後も咳が長引くのは、気道が炎症や痰に対して敏感に反応しているためと考えられています。このように咳は、気道内にある異物や分泌物を排除しようとする防衛反応とされています。

長引く咳の原因

咳が長引く場合は、発熱や痰の有無、咳の出る時間帯など特徴がありますが、その原因を特定することは困難とされています。そのため、受診の際には、咳のほかに見られる症状も詳細に伝えてください。長引く咳は、非常に体力を消耗します。2週間以上咳が続くときは、お気軽に当院にご相談ください。

咳の種類

咳の音は様々で、どんな咳が出るかが重要です。日中はあまり咳が出ない場合は、夜に出る咳の音などを動画などで記録しておくと、診断時の有力な情報となります。なお、咳の種類には、以下のようなものが挙げられます。

  • コンコンと乾いた咳
  • ゲホゲホと痰が絡むような咳
  • ケンケンとオットセイの声のような咳
  • ゼイゼイ・ヒューヒューという喘鳴が出る咳

速やかな受診が必要なとき

  • 顔色が悪い
  • 誤飲した可能性がある場合
  • 呼吸のたびに肩が上下する(肩呼吸)
  • 呼吸のたびに小鼻がふくらむ・しぼむ・小鼻がピクピクと動く(鼻翼呼吸)
  • 鎖骨の上・肋骨の下が呼吸に合わせてくぼむ(陥没呼吸)
  • 呼吸のたびに音がする
  • 咳き込んで眠れない
  • ゼイゼイ・ヒューヒューと喘鳴が続く

以上の症状が1つでもある場合は、早めに当院までご相談ください。特に、喘息をお持ちのお子さんは早期の医師による治療を必要とすることがあります。お早めにご相談ください。

診断と治療

風邪

感冒やかぜ症候群と呼ばれるもので、上気道(鼻・のど)に急性の炎症(腫れ)を起こしている状態が風邪です。急性鼻咽頭炎・急性上気道炎などとも呼ばれます。咳、鼻汁、咽頭痛(のどの痛み)、発熱などを起こします。
ウイルスの種類は様々で、ライノウイルス・アデノウイルス・RSウイルス・ヒトメタニューモウイルス・コロナウイルス・コクサッキーウイルスなどがあります。風邪を引いた人の半数は10日以内に、90%が25日以内に治癒するとされています。また、気道の過敏な状態が長く続くことを感染後咳嗽と言います。慢性的な咳がある場合は、気管支や肺の状態を詳細に調べるX線検査が必要になることもあります。当院では必要に応じて連携する医療機関へご紹介いたします。まずはお気軽にご相談ください。

クループ症候群(急性咽頭気管支炎)

軽度の場合、ケンケンという音の咳・しゃがれ声の症状だけが現れ、重症になると息を吸う度にヒューヒューと喘鳴を苦しそうに発します。クループ症候群は、生後6カ月~3歳くらいまでに発症しやすい疾患です。1歳未満のお子さんに起こると呼吸困難がひどくなり、酸素投与が必要になることもあります。また、陥没呼吸といって、鎖骨の上や肋骨の下が呼吸に合わせてくぼむ症状は重症のサインです。
喘鳴や陥没呼吸がある場合は、速やかに当院までご相談ください。

副鼻腔炎

黄色い粘着性の強い膿性の鼻汁が出て、鼻汁が喉の奥に流れる後鼻漏を引き起こします。鼻づまりや頭痛・顔の圧痛を起こすほか、後鼻漏で痰が絡んだような咳を出したり、咳が長引いたりします。60%は自然治癒するとされますが、慢性化することもあるので適切な治療を受けて治すことが大切です。また、副鼻腔の粘膜は、気道の粘膜と共鳴すると言われ、副鼻腔が慢性的に炎症することで、咳が長引くことがあります。正確な診断にはCT検査やX線検査を行うこともありますが、まずは医師による適切な診断と治療が大切になります。
気になる症状がある場合はお早めに当院までご相談ください。

気管支炎・肺炎

風邪による上気道の炎症が、気管支や肺にまで及んだ状態が気管支炎・肺炎です。上気道の炎症よりも、発熱や咳が強くなり、回復するまでに時間を要する傾向があります。血液検査で強い炎症が見られた場合や発熱が長引く場合は、抗菌薬治療を行います。また、それでも咳が続くときは、百日咳やマイコプラズマ肺炎を疑います。
肺炎の場合も同様に抗菌薬治療を行いますが、体力の消耗が激しく酸素投与が必要な場合は、入院加療を検討します。

気管支喘息

ダニやホコリなどのハウスダストにアレルギー反応を起こし、気管支など気道に慢性的な炎症が起きている状態が気管支喘息です。気道が狭いために、呼気にヒューヒュー・ゼイゼイという喘鳴を生じる喘息発作が特徴です。また、喘息発作がなくても、風邪による咳が長引く場合や、夜や明け方に咳き込む場合、運動するとゼイゼイと苦しくなる場合は、気管支喘息が疑われます。
また、アレルギー体質を指摘されている場合に発症しやすいとされています。咳き込んで眠れない・歩けない・話せない場合、呼んでも反応がない・顔色が悪い・陥没呼吸・肩呼吸・鼻翼呼吸などの症状がある場合は、速やかに当院までご相談ください。

咳喘息

咳だけが長引いている状態を咳喘息と呼びます。喘鳴や呼吸困難は伴いません。アレルギー体質が関与した子どもの喘息とは異なります。圧倒的に大人に多く見られる疾患で、喘鳴を伴わない咳だけの症状が8週間以上続き、気管支拡張薬が有効な場合に咳喘息と診断されます。

百日咳

百日咳菌による感染症です。潜伏期間が1週間~10日間で、風邪に似た症状が1~2週間続いた後、2~4週間はコンコンと激しく咳き込む特徴的な咳が続きます。この特有の咳が1週間~数カ月続いたあとに回復していきます。生後間もない赤ちゃんが罹患してしまうと、咳だけではなく無呼吸発作が現れ、危険な状態に陥る恐れがあります。百日咳は、咽頭粘膜を採取して診断を行います。早期に抗菌薬の投与を開始することによって早く回復します。
なお、4種混合ワクチンに百日咳も含まれますが、摂取しても感染することがあり、その場合、特徴的な咳症状が現れにくいとされています。家族に罹患者がいる場合は、家庭内感染を起こす恐れがあるため、気になる症状があるためなるべく早めに当院を受診ください。

気道異物

咽頭や気管・肺に分かれる主気管支に異物が挟まってしまうと窒息し、呼吸困難を招きます。また、長引く咳や喘鳴なども引き起こします。
気道に異物が侵入してしまった場合、異物が移動して窒息を招く恐れがあるため、速やかに当院までご来院ください。
なお、誤飲と誤嚥は全く異なります。誤飲は飲み込んだ異物が食道に侵入した状態でお子さんに多く、誤嚥は異物が気道に入った状態で高齢者に多いのが特徴です。
お子さんが誤飲してしまった場合、声が出る状態で苦しそうな様子もなければ救急車を要請する必要はありませんが、念のため当院までご相談ください。
また誤嚥の場合は、呼吸が苦しい・咳がひどいといった症状が見られることもあります。一過性のこともありますが、咳が長引く場合やひどくなる場合もあります。まずは当院までご相談ください。

胃食道逆流症

胃酸や胃の内容物が食道に逆流して炎症を起こす状態を胃食道逆流症と言います。逆流したものが気道に侵入し、食道に入って咳受容体を刺激することで咳を起こします。大人に見られる逆流性食道炎の症状としても、長引く咳症状は多く現れます。乾いた咳が出やすい、寝ると咳が出やすい場合は胃食道逆流症が疑われます。当院までご相談ください。

心因性咳嗽

心因性咳嗽は乾いた咳症状を繰り返します。日中起きている間に咳が多く、睡眠中は咳が現れないのが特徴です。ストレス・緊張によって気道が刺激されて咳の症状につながることが多いとされています。診断するために特別な検査は必要ありませんが、咳喘息・胃食道逆流症・気管支喘息・副鼻腔炎などではないことを、確認した上で診断します。このような過程を踏むために多くの場合、診断までに時間がかかります。

受診をお勧めする咳とは

風邪を引いたあと、ほかの症状は治っているのに咳症状だけが2週間以上も長引いている場合は、当院までご相談ください。咳が長引く場合は、気管支喘息・副鼻腔炎・百日咳・心不全・心因性咳嗽・先天的な疾患の可能性があります。2週間以上も咳が長引く場合や、気になる咳がある場合は、お早めに当院までご相談ください。

keyboard_arrow_up