ブログ

発熱時の対応②

今回は、発熱時の飲食についてです。

まず結論です。

 

水分は摂れるものをこまめに

食事や優しいものを少しずつ

 

かなり当たり前ですが、この当たり前に結構人に幅があるような気がします。

 

大前提として、発熱時は基本的には食欲が落ちます。

そうでない人もいるでしょうが(私がそうです)。

発熱しているということは、どこかが腫れていて、そこを治すために水分なりエネルギーな

り動員されているわけです(医者とは思えない曖昧な表現ですが)。

そうすると消化管というのは優先順位からいって置き去りにされるのでしょう。

だから負担にならないようにする必要があります。

 

発熱すると何だか味覚が変になりますよね。

風邪の発熱だとノドも痛くて飲み込むのが辛かったりもします。

そういったことによって消化管に負担がかからないようになっているのだと思います。

 

元々健康なら1、2日は水分さえある程度取っていれば、食事をまともに摂らなくても大抵大丈夫です。

 

水分は何でも良いですが、

炭酸は摂る気がしないでしょうし、柑橘系のジュースはムカムカすることがあります。

牛乳も冷たいのは優しくないですね。

発熱だけならイオン飲料などをわざわざあげることもないでしょう。

吐きまくってるわけではないので。

*ただし、熱中症の疑いや、基礎疾患のある高齢者などは別です。

 

大人の方、一応言っておくとアルコールとカフェインはやめたほうが良いです。

そもそも飲みたくならないでしょう。

卵酒(!?)って昔ドラマとかでありましたね。少しくらいなら身体が温まって良いかもし

れませんが。

カフェインは利尿作用や血管収縮作用があるのでやめたほうが良いと思います。

 

食事は摂れる・摂りたいなら摂れば良いと思います。

 

優しいものとは以下です。

良いのはやはりお粥です。

ゆでうどんも良いでしょう。

おやつで言えば、カステラ、昔ながらのプリン(生クリームを使っていないもの)は良いで

すね。

 

やめたほうが良いものを列挙します。

食欲がある程度あるなら、これらを抜かしさすれば問題ないと思います。

脂っぽいもの(特に動物性)

生もの(果物や野菜も含む)

香辛料

繊維質が強いもの

火が通っていてもアクの強い野菜

冷たすぎる・熱すぎる物

味が濃いもの

その他いかにも消化に悪そうな物

 

そう、果物は口当たりが良くさっぱりしていそうで子供も欲しがりますが、

しょせん生なので消化には良くないです。

 

いちご欲しがってそれだけは食べたのに、その後吐きました、なんていうことはよくあるこ

とです。

やめたほうが良いですね。

ただ、子育てしている中で仕方ないことはあります。

その場合、温かいものを食べた後で、ご褒美として少しだけ、はありだと思います。

 

あ、バナナは唯一悪くないと思いますが、やはり生なのでおすすめはしません。

 

何だか子供も大人も区別がなくなってしまいましたが、

アルコールとカフェインの部分以外は基本一緒だと思います。

keyboard_arrow_up